ryisnow’s bike & run

神奈川近辺の走って楽しい自転車ルートを探索中

近況など

すっかりブログがご無沙汰になっていました。

更新できなかった主な理由は体調不良により、自転車もランニングも全然できなかったからです。

2016年の1月に椅子から立ち上がった瞬間に腰に激痛が走り、2日間くらいまともに立てない状態となりました。その後ある程度まで回復したのですが、そのある程度から先には回復せず、ここ1年くらい横ばい状態が続いている感じです。日常生活にはそれほど支障はないのですが、長時間歩いたり、電車で20分くらい立ったりしていると腰にかなりの痛みを感じ、ランニングもいまだに控えている状態です。原因は… いろいろ推測したり病院行ったりしましたが、正直わかっていません。

そしてもうひとつの体調不良として、1年ほど前に「慢性前立腺炎」というものになりました。この病気は自覚症状が出るまで3年くらいかかるらしいので、実際発症したのはもっと前ということらしいですが。

 

(ここから先、前立腺と“タマ”に関する話が続きますので、そういう話はちょっと… という方はてきとうに読み飛ばすか別の記事に移動するなどしてください)

 

f:id:ryisnow:20170503204630j:plain




きっかけは椅子に座って仕事をしていた際に、睾丸に違和感を覚えたことでした。痛みというより違和感、といった感じです。なんとなく重い感じがあり、たまにヒリヒリするような感じもありました。場所が場所なので本能的にとても嫌な感じがし、最初は気のせいだと思い込もうとしました。あるいはたまたまなんらかの圧力がかかって調子がおかしくなっただけで、すぐに収まるだろうと。

しかし波はあるものの、数日経っても1週間経っても、やっぱり違和感は消えませんでした。寝ると症状が弱くなり、朝起きた瞬間は感じなかったりもしたので、「あ、今度こそ消えたのではないか」と期待するのですが、午後になる頃には決まってまた戻ってきて、日が経つにつれてこれはやはり何かが起きているに違いないと思うようになりました。

ランス・アームストロングもそうですが、自転車乗りは睾丸の病気になりやすいなんて聞いた気がするし、考えれば考えるほどこいつはなんか深刻な病気なのではないかと思い込むようになって、勝手に自分を追い詰めていたと思います。元々病院が好きでなく、行くのを渋っていたのもよくなかったと思います。しょうもない話ですけど、病院に行ったら何か恐ろしいことを言われるにちがいないと思い、その現実から逃げてたところもありました。

しかしそんなことしてても症状が変わるわけもなく、どんどん勝手に変な方向に考えていくだけだったので、ええいと決意して病院に行くことにしました。場所が場所だけに最初は診察してもらうのに抵抗があったってのもあるんですが、この頃にはそんなことどうでもいいくらい余裕がなくなってました。

そして「慢性前立腺炎」という診断が出ました。結果的に命に影響するとか、そういった深刻な症状ではなく、それは一安心ではあったのですが、炎症が起きていることは確かなので、薬を飲んで治療することとなりました。座り仕事が多い人などに発症しやすいようですが、はっきりした原因はわからないようです。飲む薬は基本的に漢方薬で、回復には個人差があり、早ければ数か月、1年以上かかる人もいるとのことでした。ちなみに念のため別の病院にも行って診察してもらったのですが、やはり同じように慢性前立腺炎だと言われました。

症状がとりあえずそれで間違いなさそうだということで、精神的には落ち着いた(何が起きているか分からないときが一番精神的にきつかった)ものの、自転車には乗り辛くなってしまいました。実際長時間椅子に座ったりすると痛みが出るし、自転車もやはりよくないと言われました。乗ったら絶対駄目とまでは言われていないのですが、もし症状が悪化したらと思うと、どうも乗る気が… というのが正直なところです。

毎年エントリーしていたツール・ド・三陸だけは痛み止めを飲んでどうにか完走しましたが、何か月も自転車に乗っていないぶっつけ状態で出たため、坂の途中で心が折れそうになりました(それでも楽しかったですが)。

 

f:id:ryisnow:20170503204400j:plain

(すっかり乗られなくなってしまったRaleigh号…)

最近は症状も大分改善したのですが、一定時間以上椅子に座ってるとやはり痛みを感じるので薬は飲み続けています。症状が完全に消えたらまた自転車に乗りたいとは思いますが、さていつになるか……

腰のほうは整形外科に行ってレントゲン撮ってもよくわからないと言われ、しかし痛みは消えないので最近は調べて評判のよかったカイロプラクティックに通い始めました。通い始めて2か月弱くらいで、正直よくなってる実感はないのですが、施術を受けながら聞く話はとても興味深く、身体の仕組みなどについて改めて気づかされることが多いです。カイロは最低でも3か月は通ったほうがよいと聞いたこともあるので、もうしばらくは通ってみようと思っています。



……という感じで、腰によってランニングが断たれ、前立腺によってサイクリングも断たれるという、自分にとってはかなり気持の落ち込むここ1年でした。その状況は未だ継続中なわけですが、どうにか身体を立て直して、ふたつのうちの片方でも再開できたらよいなと願うこの頃です。